How to

【吹奏楽部の先輩必見!】どうやって後輩に指導したらいい?!フルートの教え方のコツ3選

フーニャ

最近、フルートパートに新入生が入部したんだけど、上手く教えられないニャー。教えたいことが、なかなか上手に言葉にならなかったりして・・・

T先生

わかるよー。僕も最初は全然上手に教えられなかったから。

フーニャ

えっ、T先生も?

T先生

うん。自分の技術やテクニックを言葉にするって、本当に難しいと思う。

T先生

じゃあ今日は、フルートを教えやすくなる方法を紹介するね。これを知っておけば、教えるのが上手くなくても指導がしやすくなるよ。

「教える」ことのメリット

人が知識や技術を身につけるには、まず見たり聞いたりして学ぶ(インプットする)ことから始まりますが、今度はその知識や技術を人に説明する(アウトプットする)ことで、より明確に定着します。

「教える」ことはまさにこの「アウトプット」です。

これまで自分が覚えてきたことを自分なりの言葉で説明しようとする事そのものが、実力アップに繋がります。

また、「人に教える」という機会は望んでも中々持つことができません。

教える立場になったらぜひ、積極的に指導する時間を作ってください。

フルートを教えるコツ

大事なことは何度も繰り返し伝える

教えるということはとにかく「根気・忍耐」が必要です。

10のことを教えたとして、3できれば十分と考えましょう。

1度言われただけですぐできる人は、10人に一人もいません。

すぐにできないような内容は、考えたり練習したりする時間をあげてください。

それが1日なのか、1週間なのか、1ヶ月なのかは生徒さんの個性によりますが、もし伝えたい大事なことがあれば、覚えるまで何度も、毎回初めて教える時のように繰り返し伝えてください。

教える側に忍耐が必要なのはそういう理由です。

なかなか上手くいかなくでも決してイライラせず、優しく教えてあげてくださいね!

T先生

僕もレッスンを受けていたときは、何度も先生に同じことを言われたけど、そういうのってすごく大事だからなんだよね。今でも頭に残っているよ

グループ指導よりも個人指導で教える

もし教える相手が複数人いる場合は、一度に全員教えるグループ指導よりも、一人ずつマンツーマンで教えた方が指導の効果があります。

例えば30分の指導の時間があって後輩が二人いたとします。その場合30分グループレッスンをやるよりも、それぞれ15分一人ずつ教えるといった感じです

なぜかというと、後輩それぞれ上達のスピードが違うからです。そうなると指導の内容も変わってきます。

指導をしている間、別の後輩はそれを見ていても良いし、与えた課題を個人練していても良いです。

演奏するのが簡単な曲集、教本を使う

姿勢や基本的な双方がある程度できてきたら、演奏するのが簡単な、フルートのために書かれた曲集や教本を使う方が教える側、教わる側両方にとってレッスンがしやすいです。

おすすめはカワイの「はじめてのフルート」シリーズですね。

【一番やさしい初心者の楽譜】カワイ出版「はじめてのフルート」フルートを初めて習う人にとって、最もやさしいフルート教則本の一つ、カワイ出版「はじめてのフルート」の紹介です。レッスンで使うのはもちろん、独学にも使えるかもしれません。そのオススメポイントを詳しく解説します!...

特にピアノを習うなどの経験がなければ、楽譜を読むことも苦労する後輩がいると思います。

簡単な曲であれば、そういう後輩でも楽譜を読む練習にもなります。

自分も教える内容をしっかり確認しよう

教えたいテクニックで自信が無いことがあれば、予習で確認しておくと安心です。

僕のYouTubeの動画やブログで検索すると色々出てきますので、ぜひ活用してください。

「初心者」カテゴリーには楽器名称から楽器の組み立て、姿勢など最初に身につけておきたい内容がまとまっています。

T’sフルートアカデミー:初心者カテゴリー

基礎練習として、どんな場面でも使いやすい発音練習も、知っておくと便利です。

【良い音色作りの基本!】発音練習の3ステップ発音練習は良い音色への第一歩です!しっかりポイントとコツ、練習方法をチェックしよう!...
T先生

こうやって教えることでテクニックの復習もできるから、ますます実力アップできるわけだね

フーニャ

ニャルほどー。