How to

【音の支え】ロングトーンを安定させる3つのコントロール!

この記事では、ロングトーンを安定させる方法を紹介します!

フーニャ

ロングトーンを真っ直ぐ伸ばすって難しいね。動かないようにすればするほど音が震えちゃったり・・・

T先生

そういうのって、どこを気をつけたら安定するかが把握できなくて、中々上手く行かないのかもしれない。

T先生

これから説明する「ロングトーンを安定させるポイント」を意識するだけで、かなり上達できるはずだよ。

フーニャ

そうなの?!

T先生

結論を言ってしまうと、「息遣いの要素を分けて考えよう」ってことなんだ。音が真っ直ぐ伸ばせると、メロディを綺麗に演奏できるようにもなるし、アンサンブルでも上手くハモれるようになるので、いいことづくめだよ

フーニャ

すごい!できるようになりたいニャ

T先生

もちろん練習方法もしっかり紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてね。

フーニャ

はーい!

そもそも「音が揺れる」とはどういう事なのか?

T先生

フーニャは自分の音の何が揺れてると思う?

フーニャ

えっ?何というか、伸ばしている時に音が変わっているとは感じるけど・・・!

T先生

じゃあ、もう少し詳しく音の要素を分けてみよう

音の要素

音量

音程

音色

このように音の要素を具体的に分けて考えてみましょう。よく自分の音を聴いて、音量が変わっているのか、音程が変わっているのか、もしくは2つ、3つの要素が変わっているのか、確認してみてください。

フーニャ

うーん、僕の場合音量と、音程なのかニャ・・・

T先生

そうそう、そうやって1歩踏み込んで、自分の音を確認することが大切なんだよ

それぞれの要素に対応したコントロールがある

T先生

何が変わっているのか把握したら、具体的に対処してみよう

音量が揺れる時は息の太さ

息が太くなれば音量が大きく、細くなると小さくなります。

音量が変わっている時は、アンブシュアの大きさを意識して、息の太さが一定になるようにコントロールしましょう。

【吹奏楽部員必見】高音で大きな音を出すために必要な2つの要素! Q.高い音が響かず大きな音も出ません・・・ 高い音を出そうとすると、高い音が響かず大きな音も出ません。どうしたら良いのでしょうか...

音程が揺れる時は息のスピード

フルートの息のスピードは音の高さに比例し、高い音になればなるほど速くなり、低い音になればなるほど遅くなります。

つまり、それぞれの音の高さに対して適切な息のスピードがあります。

適切な息のスピードより速すぎると音程が上がり、遅いと下がります。

音程が揺れていると感じたら、息のスピードを一定にすることを意識してみましょう。

音色が変わる時は息の角度

歌口の音が出るポイントに対して、的確に息の角度をつけて吹くことで音が出ます。

この角度が安定しないと、良い音とそうでない音で音色が変わってしまいます。

【超重要!】アンブシュア(口の形)を作るために意識すべき4つの要素フルートの音をどう出すか、どうやったら雑音の無い良い音が出るかを考えた時に、まずは口の形(アンブシュア)から見直そう! なぜ震えてしまうのか、どうしたら安定するのか、形はどうしたら良いのか。詳しく解説します。...

息の角度の安定には、アンブシュアがしっかり息を受け止めていることが欠かせません。

上記の記事を読むと、アンブシュアでの息の角度の付け方を身につけることができます。

息のスピードが音色に影響したり、角度が音程に影響したり、ということももちろんあります。しかし、こうやって自分の状態を詳しく分析して、具体的な対処法を考えると、コントロールすべきことが分かりやすくなります。

T先生

対処を考えて、試して、結果を分析。これが上達へのサイクルなんだ。

フーニャ

ニャルほどー。確かに、自分が試したことで音が変わると、嬉しいニャ

T先生

そうそう。それを楽しむことが、上手な練習の仕方だと思う

練習方法

発音練習

ロングトーンは、短い音の集合と考えることができます。

【良い音色作りの基本!】発音練習の3ステップ発音練習は良い音色への第一歩です!しっかりポイントとコツ、練習方法をチェックしよう!...

発音練習は、短い音を連続して吹き、良い音を持続させるトレーニングです。

短く発音している際も、ロングトーンを吹いている時のように、アンブシュアを動かしすぎないのが練習のコツです。

発音練習では徐々に数を増やしていって、最後に長く伸ばします。伸ばした時でも、頭の中で短い音を何度も吹きなおしているイメージをしてください。

T先生

どんな奏法でも「同じままでいる」ってことはできなくて、「現状を維持しよう」と考えると必ず崩れてしまうんだ。

フーニャ

動かないつもりでいても、音が変わってしまうのはそういうことだったのニャ

T先生

短く吹きなおしている音が、どんどん良い音になっている、くらいのイメージでロングトーンをキープしてみてね。

ソノリテについて

音色の均一化を目的とするフルート奏者のためのバイブル。教則本の最初に書かれている、半音ずつ降りていく練習が有名です。

T先生

ソノリテは、楽譜はシンプルなんだけど、ちゃんと吹こうとすると実はすごく難しいんだ。

フーニャ

これ、聞いたことある。お姉ちゃんがやってたニャ

T先生

動画で説明しているように、次の音に移動するとき、音量、音程、音色の要素3つが変化していないか、よく自分の音を聞きながら練習してみてね。

まとめ ロングトーンを安定させるために

自分の音を音量、音程、音色に分けて、何が揺れているか分析する。

それぞれの要素に対して、具体的に対処する。

発音練習、ソノリテについて、を使ってトレーニングする。

関連動画